アドセンスに一発合格した僕が教える、Googleアドセンスに合格するブログの作り方とクローラーの本当の姿

      2016/12/08

google-adsense

こんにちは!現役大学生ブロガーのとととです!

 

今まで僕はFC2、seasaaブログ、Blogger、WordPressでブログを運営してきました。

今回はその中で学んだことを盛り込みつつアドセンスに受かるブログの作り方をお伝えしたいと思います。

ブログ運営者向けですが、たまにはね。

スポンサードリンク
 

Googleアドセンスってなに?

インターネットサイト(ブログなど)を収益化する方法にはサイト内に広告を貼る方法が一般的です。

実はこの広告にも2種類あって、成功報酬型とクリック報酬型があります。

成功報酬型は広告を貼ってクリック先のサイトで商品などを購入してもらうと報酬が発生するタイプ、クリック報酬型は広告を貼ってクリックしてもらった時点で報酬が発生するタイプとなっています。

成功報酬型の代表にはAmazonやA8など、クリック報酬型には今回テーマのGoogleアドセンスなどがありますね。

 

Googleアドセンスはクリック報酬型にしてはクリック単価が高くて有名なので、ブログを始めたばっかりのブロガーはまずこのGoogleアドセンスのアカウントを取得しようとします。

 

アカウント取得にも審査がある

アカウント取得と言ってもそう簡単に取れるものではありません。

Googleの審査に通らなければ取得できず、加えてこの審査が非常に厳しいんです。

審査に6回落ちたなんて話もザラですね。

参考サイト↓

 

ちなみにこの「とととログ」は一発通過でした。(チョロいっすわ)

adsense

 

アドセンスに受かるブログの作り方

では、アドセンスに合格するにはどうやってブログを作ればいいのでしょうか?

ここからは具体的なやり方や心がけを書いていきます。

 

1.無料ブログは申請できない(独自ドメインじゃないとダメ)

2016年3月ごろから独自ドメイン(.com等)でしか申請できなくなりました。

まあ、運営のやる気を見せろってことなんでしょうね。

独自ドメインはお金を払って取得しないといけません。

初期投資なしのブログには存在価値すらないってことなんですかね…

 

2.最低運営期間は毎日更新なら2週間、たまに更新なら半年

Bloggerをやってた時にわかったことです。

Bloggerは管理画面に「収益」という欄があるのですが、それを押すと申請画面が出るんですよね。

でも開設してすぐに申請画面は出ず、記事を毎日更新して2週間後にやっと出てきました

毎日更新していない場合は半年後に申請画面が出たという話もありますし、これは仮説としては割と強いと個人的に思っています。

 

3.申請前にはプログラムポリシーをよく読む

これやってない人多いですよね。

敵(Googleさん)がわざわざ攻略法を教えてくれいるんですよ?

読まないともったいないですよ。

自分のサイトがポリシーに反してないかどうか、確認しながら読むといいですね。

参考サイト↓

 

4.サイト内にはメールフォームを置く

実際効果あるかどうかは知りません。

ただまあ、あった方がいいよね~って話になっちゃう。

オカルトですかね。

 

5.15記事以上

毎日更新で2週間以上となると14記事以上になるのは必然です。

コンテンツ不足で弾かれる人結構多いです。

一定数記事を作ってからってことですね。

 

6.キーワードに注意しながらコンテンツ作り

エロ系、ビール、ギャンブルなどなどポリシーに反する言葉に十分注意してコンテンツを作りましょう。

これ系のネタってアクセス数は稼げるんですけど、100%審査に落ちます。

アクセスあっても収益化できないなら意味ないですよね。

だから最初のころは文字ばっかりの体験談とか書くのがいいのかな…

 

7.内容は気にするな

キーワードには気をつけろと言いましたが、内容はなんでもいいです。

よく日記形式はダメだとか聞きますが、グーグルのクローラーはおそらく文字だけしか見ていないので、気にしなくていいです。

画像が多いとかもそうですが、内容判断や画像まで読み取ってたらクローラーの回転が悪くなるはずなので効率的じゃないのは明らかです。

グーグルはそこまでバカじゃない。

 

8.文字数も気にするな

公式でも言われていることです。

文字数が少なくても良いコンテンツはたくさんあります。

よく1000文字以上書けと聞きますが、それは違うんじゃないかと。

1000文字以上あっても禁止ワードが入っていればアウトですからね。

スポンサードリンク
 

9.ほかの広告は関係ない

他社広告を出していても審査には受かります。

本当ですよ。

実際、この「とととログ」ではアドセンスに受かるまで同じクリック報酬型のアドマックスを使っていました。

クリック単価は低いですが、審査なしでの広告表示場所の研究材料としては優秀ですよ。

もしまだアドセンスに受かってないならツナギとしてアドマックスを利用するのをおススメします。

また、審査はありますがそこそこのクリック単価のnendもおススメです。

 

詳細はコチラ→忍者AdMax

詳細はコチラ→スマートフォンアドネットワーク【nend】

 

10.そこまでしてダメなら同じような症例を探そう

アドセンスヘルプフォーラムって知ってますか?

アドセンス運営側と申請者側が直接やり取りしている場があるんです。

上記のことを完璧にやっておきながら審査に通らない場合はこちらで同じような例を探してみるのがいいですね。

参考サイト↓

 

 なぜこんなにも厳しいか?

先ほども述べましたがアドセンスはクリック単価が非常に高いです。

大きめの広告だと缶ジュース1本分くらいあります。

こんなに単価が高いというのはそれだけパートナーサイトが少ないということですよね。

審査を厳正化することによりちゃんと運営されるブログを選んでいるんですね。

 

まとめ

Googleアドセンスに受かるブログの作り方

  • Googleアドセンスとは何か?
  • アカウント取得の審査について
  • 具体的な方法・心がけ
    • 無料ブログは願い下げ
    • 最低運営期間は2週間
    • 敵を知ろう!(プログラムポリシーをよく読む)
    • メールフォームを置く
    • 15記事以上
    • キーワードに注意してコンテンツを作るべし
    • 内容なんか見てない!
    • 文字数なんてどうでもいい!
    • 他の広告をガンガン出そう!
    • アドセンスヘルプフォーラムをよく見よう
  • 審査が厳しいのはなぜか?

 

「画像は少なく」や「他社広告を出すな」などちょっと調べると間違ってる情報も多く、クローラーの仕組みを理解していない人が書いてるんだなぁと。

世の中ウソ情報ばっかですよ。

 

こんな記事を書かせていただいたのは同じ大学生のはてなブロガーjoh@JohJoh49300204)さんとお話しさせていただいたのがきっかけです。

「先に受かったからって先輩面するな」と言われそうですが誰かの参考になればな~と思い、書かせていただきました。

スポンサードリンク
 

関連記事

 - ブログ , , ,



Copyright© とっとと世界、変えてみない? , 2016 All Rights Reserved.

WordPress Theme "Stinger5-Cheetah"